お金を借りるための豆知識

塾代が高すぎて払えない時に使えるカードローン

投稿日:2016年11月21日 更新日:

勉強する女子学生

子供の塾代が高い!と頭を悩ませている親御さんも多いのではないのでしょうか?

今月は塾代が高くて困っている時に使える使い道自由なローンはこちら!

子供の塾代はとても高いです。学習塾や習い事などへの支出は、中学、高校、大学等への進学が近づくにつれて増加傾向にあり、公立では中学3年生が、私立では小学6年生が最多となっています。

塾代が一番かかるのは高校生かと思いきや、意外と低学年の時から必要になるようです。

子供の将来のことを考えると、やはり出来るだけのことはしてあげたい・・!ですよね。

けれども、どうしても塾代が高くて払えない・・・。でも、子供の事を考えると塾には行かせてあげたい・・!なんてこともあるかもしれません。そんな時ほかの人はいったいどうしているのでしょうか?

教育ローンだけじゃない!塾代としても利用できるカードローン

カード

塾代に困った時に多く利用されているのがローンです。

塾代として借りれるローンとして一番に思いつくのは「教育ローン」だと思いますが、教育ローンの場合は借入までに時間がかかってしまうので、「今月は特別講習や強化合宿でどうしてもいつもよりお金がかかる・・!」というような時には間に合わない・・。なんてことも。

そんな時に役立ってくれるのが、銀行や消費者金融のカードローンです。

銀行カードローン人気ランキングはこちら!

一般的なカードローンなら使い道は自由なので、教育費はもちろん、塾代や家庭教師代などとしても利用することができます。

しかも、国や銀行の「教育ローン」のように、必要書類も少なくて済むので手間も時間もかからない上に、最短で申し込んだその日に借りることもできます。

すぐに借りられる!人気の大手消費者金融会社ランキングはこちら!

特別講習など足りない分だけ借りるという人も!

子どもの将来のことをを考えたら、なるべく早いうちにより質のよい授業を受けさせて学力を上げるということも必要です。

毎月の塾代はどうにか払えても、高校受験のための講習や、夏期講習、冬期講習などの特別講習があると一気に塾代がかさんで支払いが厳しい・・ということもよくあるようです。

そんな時に、足りない塾代だけを借りるという借り方をする人も沢山いるようです。

短期間の借入なら「利息なしで借りれるローン」や「低金利で借りれるカードローン」などもありますので、そういったローンを上手に活用すれば、利息分の支払いを抑えることもできます。

学習塾や家庭教師の年間費用の平均は?

考える女性

文部科学省の「平成26年度 子供の学習費調査」によりますと、私立幼稚園や公立小学校1年生では「家庭内学習費」が最も多く、公立小学校2年生以上では「学習塾費」が最も多くなっています。

また、「学校外活動費」(学習塾や習い事などへの支出)を学年別にみると、公立では中学校3年生の約43万5千円、私立では小学校6年生の約74万円が最も多いという結果がでています。

「学習塾費」を学校種別にみると、幼稚園では公立約6千円、私立約9千円、小学校では公立約5万2千円、私立約21万4千円、中学校では公立約20万5千円、私立約13万5千円、高等学校では公立約9万5千円、私立約14万2千円となってます。

中学校では私立より公立が多く、幼稚園、小学校、高等学校では公立より私立が多くなっています。

公立学校については、幼稚園3歳児から中学校第3学年まで学年とともにほぼ多くなっていく傾向になっていますが、公立私立を問わず最も多いのは、私立小学校6年生の約39万3千円となっており、幼少期から意外とお金がかかっていることが明らかになっています。

塾代としても借りれる!使い道自由なカードローン一覧はこちら!

-お金を借りるための豆知識

Copyright© キャッシングステアズ , 2017 AllRights Reserved.